MENU01
MENU02
MENU03
MENU04
MENU05

ユニット 西川 葵

新入社員
ユニットでは、大掛かりな製品の組み立てや、それにともなう溶接、レーザー加工機ファブリギアの操作なども行っています。まだ入社して間もないのですが、思考を止めずに作業することを心がけています。常に効率や無駄を無くすことを考えながら仕事をしています。就職を考えている皆様、藤精機は働く人の意識がとても高いのですが、気さくな方ばかりで、楽しい環境です。この仕事は自分には合わないかもと感じても、続けてみることで、経験が自信となり、やりがいに変わっていくと思います。
 

生産管理課 大村 信弘

入社3 年目
生産管理は、作業全体をコーディネートする仕事です。営業から物件を受け、現場へ展開していくのが大きな流れで、日程調整、材料部品の調達などを行います。潤滑油としての役割、工程と工程の間に入り、常に調整を心がけ、コスト削減や生産性を上げることを目標としています。藤精機は、チームワークが良く風通しのいい会社です。歴史はあるけど、新しいものを創り上げていく力を持った企業です。
 

品質保証部 宮沢 良洋

入社8 年目
品質保証部は、生産部で作ったものを基準を満たしているかを検査し、不良品が出た場合には、その原因の追求と対策、改善と指導を行います。またメッキなどの外注の受入検査も行っております。納期が短いものが多いけど、常に品質の維持と納期を守ることを心がけています。「品質は現場で作り込んでいくものだ」を信念にしています。藤精機は部署間の繋がりも良好で、お互いがお互いを知っているというのは大きなアドバンテージとなっています。
 

管理部物流課 上沼 玲翁

入社3 年目
物流課は最後の砦です。主に梱包と輸送になりますが、生産部のみんなが魂を込めて作ったものを、物損や傷をつけないように、お客様のもとにお届けするのが物流の仕事です。製品の価値を上げるのも下げるのも最後の私たちにかかっていると考え慎重に作業をしています。藤精機は手に職の会社なので、難しいと思 われがちですが、ビビる必要はまったくなく、みんな親しみやすく教えてくれるので、安心して仕事ができます。
 

営業部 立澤 祐記

入社1 年目
営業なので、直接お客様と接する部署です。ポリシーとしては、常にお客様のもとに足を運ぶこと、生の声を聞くことです。その中で、お客様のご要望と藤精機の技術やコスト、納期が合致できるかどうかを社内に持ち帰り、各部署と話し合います。入社して1 年目ですが、チームワークの良さを感じます。注文に対しても、それぞれの部署からアドバイスがもらえるので、とても心強く感じています。
 

総務部 河野 たまみ

入社1 年目
総務の仕事は主に、勤怠管理や電話対応、消耗品管理、物品購入です。社員の皆様のバックアップになれるように、常に意識しています。藤精機に入社して1 年ですが、毎月開催されるQC サークルでの皆さんの発表や意識の高さを見て驚きました。どうやったら良くなるのかをみんなで考える、いつもコミュニケーションが取れているからこそだと思います。厳しいだけではなく、社員旅行やバーベキューなどのレクレーションも楽しく、仲の良い会社です。